1. トップ
  2. 天仙液について
  3. 製品紹介
  4. 天仙液S

製品紹介―天仙液S

天仙液S(てんせんえきえす)

天仙液

製品形状:

20cc×60本(1セット)

香港での医薬品としての認証番号:

HKP-09057

製品価格、製品の入手方法などが書かれた資料をお求めの方はこちらから↓

天仙液Sの特性

天仙液Sは、天仙液を基本に、さらに抗がん効果を高めた天仙系列製品です。より短期間でがんの拡大を抑制し、より直接的にがん細胞を殺傷できることがアメリカBRI研究所、台湾のFRC研究所、日本新薬開発研究所などの専門機関で実証されています。

主として漢方を用いて生成された薬剤で、「扶正」と「邪」の両面から総合的な調整と弁証論治療を行います。がん細胞のみを殺傷しながら正常細胞の抗がん作用を高めるのが特徴で、がんの抑制作用と身体の免疫機能増強作用が同時に期待されます。

また、服用後の脱毛、脱落歯、貧血、不眠などの副作用もほとんど無く、服用者の体質によっては服用後7日~20日間ほどで効果が期待できます。

薬理作用

  1. がん細胞の殺傷作用
    • がん細胞殺傷原理「破壁原理」(がん細胞膜を突き破り、がん細胞核を死滅する)により抗がん効果を高める。
    • 独自の配合と処方により、より早くがん細胞の核を破壊して死滅させ、総合的ながん抑制作用を最大限に発揮する。
    • がん細胞に対する殺傷能力が持続する。
  2. 免疫の増強作業
    • 純天然生薬で構成されているため、副作用はほとんどなく、免疫機能を高めてがんを改善する作用がある。
  3. 西洋医学との相乗作用
    • 放射線治療、化学治療との併用でがん細胞の分裂阻止作用が働き、副作用を軽減する。
    • 天仙液より少量の服用で、がん細胞を殺傷する作用が確認されている。
  4. 系列製品との相乗作用
    • 各種のがん病の改善に幅広く適用できるほか、天仙液系列製品の「天仙丸」との併用で最も効果が期待される。

使用量の目安

「天仙液」「天仙液S」の使用量は、がんの症状、使用目的に応じて、異なってきます。
時間帯の目安については王振国医師のアドバイスによるものです。

  1. 予防・再発防止でご使用になる方
    • 使用量:2日1本(20cc)~1日1本(20cc)
    • 使用時間:夜9時
  2. 初期・中期でご使用になる方
    • 使用量:1日1~2本(20cc~40cc)
    • 使用時間:朝9時、夜9時
  3. 中期・末期でご使用になる方
    • 使用量:1日2~3本(40cc~60cc)
    • 使用時間:朝9時、午後3時、夜9時

※病状や体質などにより、使用量が異なります。

※天仙液の1日最大使用量は80ccとなっております。

※80ccまでの増量は漢方に慣れた方を対象としております。体調に合わせて、使用量を調整して下さい。

王振国医師の指導

天仙液の1セットとは、長年の研究により、基本的に西洋薬剤の抗がん剤と同じように1クール(漢方医学では「1療程」)となっております。つまり、天仙液の1セットとは1クール(1療程)に相当するもので、使用量、使用回数は漢方医学の理論を取り入れ、生活習慣によるバイオリズムと病症や症状によって処方されております。従って、製品化された天仙液は、こうした根拠を基に病症や症状により使用量、使用回数の目安が決められており、1セットが1ヵ月分、2ヵ月分、4ヵ月分に相当する場合もあります。上記を参考になさって下さい。

使用量と価格の目安について