1. トップ
  2. 天仙液について
  3. 製品紹介
  4. 天仙軟膏

製品紹介―天仙軟膏

天仙軟膏(てんせんなんこう)

天仙骨安寧

製品形状:
ゲル状パック 100g×4本(1セット)

製品価格、製品の入手方法などが書かれた資料をお求めの方はこちらから↓

天仙骨安寧の大きな特徴は補気養血(身体のエネルギーを補い、血を養って増やす)、清熱解毒(解熱、解毒)、消腫、散結止痛(しこりをほぐす、痛みを止める)などの作用を持っています。東洋医学的には、腎主骨(腎臓の機能を良くし、骨を丈夫にする)、生骨髄(骨を丈夫にし、骨髄機能を高める)の見解があり、天仙骨安寧は骨や骨髄に深く関係する肝臓、腎臓の滋養にも効果があるため、カルシウムの吸収を高める補助剤として効果的です。

主成分

南星(なんせい)、狼毒(ろうどく)、乳香(にゅうこう)、没薬(もつやく)、冰片(ひょうへん)、牛黄(ぎゅうおう)。

薬理作用

皮膚より直接吸収されるため、がん細胞の抑制及び痛みの緩和を目的として用いられます。皮膚より吸収された薬効が肺に対しても作用すると考えられます。

抗がん剤、放射線治療の前・後に利用する事により、皮膚から直接薬効が吸収されるため、治療効果を高める作用があります。また治療による皮膚損傷の緩和も期待できます。

適用

各種のがん病の痛み、皮膚がん、皮膚炎、潰痕、湿疹、白斑症、乾癬など。

使用法・及び注意点

患部に厚めに塗ってお使い下さい。1日1~2回塗布します。4~8時間後にパック状の膜をはがすか水洗いで洗い流します。

皮膚表面にただれのある方はご使用の際、刺激が生じやすいので特にご注意して下さい。また、厚めに塗布した場合、乾くまで30分前後かかります。ご使用後は、パックのためそのままはがすことができます。取れにくい場合は水に溶けづらい為、こすり落として下さい。