1. トップ
  2. 新連載

【第2回】アメリカ編-国際癌病康復協会理事が各国のがん専門医師と対談-

【連載第2回 アメリカ編】 Joyce O'Shaughnessy アメリカ内科医学会内科腫瘍専門認定医との対談

【第1回 日本編】では、帯津三敬病院名誉院長の帯津良一先生、九段クリニック名誉院長の阿部博幸先生との対談を紹介しました。次いで【第2回 アメリカ編】として、Joyce O'Shaughnessy アメリカ内科医学会内科腫瘍専門認定医との対談を紹介します。

  • 【連載にあたって】序文と推薦者の言葉(⇒内容を読む)

    【序文】国際癌病康復協会理事 陳海威

    がん治療のもう一つの可能性として注目される漢方療法の展望

    【推薦の言葉】アメリカがんコントロール協会会長 フランク・コウジノウ

    がん治療における代替医療の重要性と漢方がん治療の占める位置

  • 【第1回】日本編(⇒内容を読む)

    【帯津良一 帯津三敬病院名誉院長・医学博士】

    身体、心、生命の人間丸ごと診るホリスティック医学を推進

    【阿部博幸 九段クリニック名誉院長・医学博士】

    標準治療の壁を打ち破ると期待される漢方がん治療

  • 【第2回】アメリカ編(⇒内容を読む)

    【Joyce O'Shaughnessy アメリカ内科医学会内科腫瘍専門認定医】

    西洋医学と東洋医学の融合による受益者は患者、医師、そして医学界

  • 【第3回】香港編(⇒内容を読む)

    【施祖榮 香港大学中医薬学院准教授・中医学博士】

    漢方薬の天仙液に関する研究試験で大腸がんに対する抗腫瘍作用を検証

  • 【第4回】台湾編(⇒内容を読む)

    【王萬波 台湾大学医学院微生物学科教授】

    中薬「天仙液」の基礎理論研究と実験によって得た抗がん作用

  • 【第5回】タイ編(⇒内容を読む)

    【Jakkriss Bhumisawasdi タイ保健省公共衛生部公衆衛生課総督察長】

    「タイ医学と代替医学部門」の目的は中西医統合によるがん治療

Joyce O'Shaughnessy アメリカ内科医学会内科腫瘍専門認定医

イエール大学医学系卒業。1989~1995年までアメリカ国立がん研究所(NCI)研究員。アメリカ内科医学会内科腫瘍専門認定医、テキサス州ベイラーサイモンズがんセンター乳がん研究及び乳がん予防研究連合会会長。2009年にはアメリカ医学誌『フィジカル・レビューD』にてテキサス州ダラス市最優秀腫瘍科医師にノミネートされる。

西洋医学と東洋医学の融合による受益者は患者、医師、そして医学界

陳:医療が急激に発展した過去10年の中で、心臓疾患、脳血管障害、肺炎などの治療は特に著しい進歩が遂げられ、死亡率も大きく減少しました。しかし、がん治療に関しては、まだまだ改善の余地がたくさんあるという印象を受けます。これに関してどう思われますか。
J:がん細胞はもともとかなり変形しやすく異質的であるため、たとえ組合せ療法を用いたとしても、がん細胞を完全に駆除することは極めて難しいのです。今、がん治療の効果を高めるために行うべきことは、免疫療法の活用及び早期発見に努めることです。そうすれば、より有効に治療できると思われます。
陳:手術、化学、放射線、標的治療などの方法は、まさに今現在のがん治療において最重要な地位を占めているのですが、多くの専門家及び医師の間では、免疫療法に関する議論も盛んに行われています。免疫療法及び免疫補助療法に対して、どのような意見をお持ちでしょうか。
J:免疫療法は、すなわち人体が持つ免疫システムを利用してがん細胞を殺傷するという療法です。免疫療法はがん研究において非常に注目されている領域であり、治療法としても革命的なものではないかと思います。
陳:アメリカの女性たちは乳がんの予防と治療を大変、重要視しているようですが、今後の5年から10年の間で、乳がんの発症率を大きく抑え、女性たちの乳がんに対する恐怖心を取り払うような薬が誕生すると思われますか。
J:アロマターゼ阻害薬(Aromatase Inhibitor)や、PARP阻害薬といった乳がん予防用の薬は、BRCA1/2遺伝子変異の防止のために使われており、今後の5年から10年の間で多く使用される薬になるのではないかと思います。
陳:アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、1998年にアメリカ国立がん研究所(NCI)において、がん補助及び代替療法オフィスとして代替医療局(Office of Cancer Complementary and Alternative Medicine)を設立しました。当時、どうしてこのような機構を設立したのでしょうか。
J:当時、この機構を設立した主な動機は、補助療法及び代替療法のデータ集めでした。そうしてこそ、信頼に足るような評価を出すことができるからです。また、それによって補助療法と代替療法のヒト臨床試験の実行が促進され、補助療法及び代替療法の有効性が評価されるようになったのです。
陳:アジアとヨーロッパの多くの国において、すでに多くの専門家及び医師は、積極的に東西融合型のがん治療を導入すべきだと提唱しています。科学的な裏付けを基礎としたうえで、もし漢方薬と西洋薬は互いに排除反応が生じないということが証明されたなら、西洋薬を主とし、漢方薬を補助とするような治療プランは実行可能だと思われますか。
J:可能だと思います。もしがん治療において、本当に西洋と東洋の医学、医薬を併用できるようになれば、西洋医療の壁となっている副作用を抑制するだけではなく、患者の身体機能の回復や、健康的な生活習慣の促進といった効果も期待されます。西洋医療の中に伝統的療法である漢方療法、漢方薬を取り入れ、臨床試験を通して治療の進展具合及び患者の回復状況を評価することで、最終的に受益するのは患者や医師、ひいては医学界全体なのです。
  • 【連載にあたって】序文と推薦者の言葉(⇒内容を読む)

    【序文】国際癌病康復協会理事 陳海威

    がん治療のもう一つの可能性として注目される漢方療法の展望

    【推薦の言葉】アメリカがんコントロール協会会長 フランク・コウジノウ

    がん治療における代替医療の重要性と漢方がん治療の占める位置

  • 【第1回】日本編(⇒内容を読む)

    【帯津良一 帯津三敬病院名誉院長・医学博士】

    身体、心、生命の人間丸ごと診るホリスティック医学を推進

    【阿部博幸 九段クリニック名誉院長・医学博士】

    標準治療の壁を打ち破ると期待される漢方がん治療

  • 【第2回】アメリカ編(⇒内容を読む)

    【Joyce O'Shaughnessy アメリカ内科医学会内科腫瘍専門認定医】

    西洋医学と東洋医学の融合による受益者は患者、医師、そして医学界

  • 【第3回】香港編(⇒内容を読む)

    【施祖榮 香港大学中医薬学院准教授・中医学博士】

    漢方薬の天仙液に関する研究試験で大腸がんに対する抗腫瘍作用を検証

  • 【第4回】台湾編(⇒内容を読む)

    【王萬波 台湾大学医学院微生物学科教授】

    中薬「天仙液」の基礎理論研究と実験によって得た抗がん作用

  • 【第5回】タイ編(⇒内容を読む)

    【Jakkriss Bhumisawasdi タイ保健省公共衛生部公衆衛生課総督察長】

    「タイ医学と代替医学部門」の目的は中西医統合によるがん治療