1. トップ
  2. がんについての知識
  3. 喉頭がんの抗がん剤治療と副作用

喉頭がんの抗がん剤治療と副作用について

喉頭がんに対する抗がん剤治療の目的

通常のがん治療では、主に手術を中心とした放射線や、抗がん剤による補助治療が用いられます。しかし、喉頭がんの治療では、放射線治療と抗がん剤の併用による治療が主流です。

放射線での治療に効果が期待できない場合は、外科治療が行われます。ただ、患者への負担を考えると、放射線と化学療法のみでの根治が理想だといえるでしょう。

理由として、喉頭は声帯と同様に発声を司る部分のため、手術による切除を行うと発声機能を損なう恐れがあるからです。放射線治療であれば、発声機能を維持しままで治療することも可能になります。

喉頭がん治療での抗がん剤(化学療法)は、放射線治療や外科療法の補助的な役割として用いられるケースが多く、化学療法単体で使われることはあまりありません。抗がん剤単体では、喉頭がんへの効果はあまり期待できないと考えられているためです。

ただし、放射線や手術による治療が難しい場合、延命や症状緩和の目的で使用される可能性はあります。

喉頭がんで行われる抗がん剤の目的は、放射線や外科治療を行う前に投与し、がんを縮小させることです。また放射線や手術単体による治療よりも、事前に抗がん剤を投与した方が予後の経過がよいという報告もされています。これを「導入化学療法」と呼び、他のがんでも活用される「術前化学療法」と同義です。

その他、手術での治療でも発声機能の温存を希望する患者に合わせて使用するか、転移・再発を起こした喉頭がんに対して用いられるのが一般的でしょう。

喉頭がんに使用される抗がん剤の種類

上記でも記述したとおり、喉頭がん治療において抗がん剤(化学療法)が単体で使用されることは滅多にありません。

全身転移や喉頭の深部にまでがんが浸潤している場合などに、点滴を通して全身に流されます。手術や放射線が局部的な治療であるのに対して、抗がん剤は全身に効果が及ぶためです。

こうした喉頭がん治療で用いられる抗がん剤の種類は大きく分けて3つあります。

使用される抗がん剤

  • フルオロウラシル
  • シスプラチン
  • ドセタキシル

フルオロウラシル単体やフルオロウラシル+シスプラチンなどの組み合わせは、幅広いがん治療で用いられています。その他にもテガフールなども抗がん剤治療薬としては代表的でしょう。

投与する期間は患者やがんの状況、並行して行われる治療法によってもさまざまですが、一般的には1週間から2週間前後の間です。これを3週間~4週間ごとに行い、身体を休ませながら繰り返します。

フルオルラシル+シスプラチンはがん治療において、定評のある抗がん剤です。一方で相応の副作用もあるため、患者によっては代替薬が用意されるケース少なくないでしょう。

喉頭がんの抗がん剤治療による副作用

喉頭がんで用いられる抗がん剤は、主にフルオロウラシルとシスプラチンの2種類。この2剤の副作用は、主に腎臓機能障害と消化器官に関連する下痢などの症状です。

抗がん剤の副作用の強さには個人差もあり、命に関わる重篤な症状になる人もいれば、軽度の症状で治まることもあります。特にシスプラチンは喉頭がんを縮小させる効果が高い反面、副作用も重篤になりやすいというのが特徴です。

患者の体質や状況、投与後の経過によっては急遽使用を中止する場合もあります。
大前提として、抗がん剤はがん細胞だけでなく、健康な細胞にも何かしらの影響を与えてしまうため、使用する際には十分な検査や予防策を用意しておく必要があるのです。

喉頭がんに限らず、がん患者の死亡理由はがんそのものではなく、がんによって誘発された臓器不全や、抗がん剤の副作用によるものが多くなっています。
手術のように物理的な治療に比べて、身体への直接的な負担は少なくなりますが、精神的・関節的には多大な影響を受けることになるでしょう。

今後、喉頭がんを含めたがん治療で抗がん剤を行うのであれば、フルオロウラシルやシスプラチンなどの代表的な副作用を知っておくことをおすすめします。

フルオロウラシルの副作用

  • 重度の下痢や出血性の腸炎が続くのと同時に、これに伴う深刻な脱水症状には注意しなくてはいけません。
  • 間質性肺炎や骨髄抑制など消化器以外にも、重篤な症状を引き起こす可能性があります。シスプラチン同様、肝機能に障害を及ぼすこともあるので注意が必要です。
  • その他、脱毛や発熱などの一般的な副作用も見られます。

  • シスプラチンの副作用で最も気を付けなくてはならないのは、腎臓障害です。特に腎機能が低下している人や、脂肪肝などその他の腎臓障害を持つ人は医師と相談するようにしましょう。
  • 嘔吐・吐き気・発熱・食欲不振などの基本的な副作用。
  • その他にフルオロウラシルと同じく、骨髄抑制などの自覚症状がない副作用があります。

喉頭がんは、がん自体の治療と同時に発声機能を温存することも目的の1つです。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

関連ページ

喉頭がんの種別・原因・特徴について

喉頭がんの末期(ステージ4)症状・生存率・治療方法

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

天仙液を使用してがんを克服した方々の体験談

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲