1. トップ
  2. がんについての知識
  3. 胃がんの抗がん剤治療と副作用

胃がんの抗がん剤治療と副作用について

胃がんに対する抗がん剤治療の目的

医師が胃がんに対して、抗がん剤を使用する目的は主に2つです。

1つは補助療法として抗がん剤を用います。手術や放射線による治療前・治療中・治療後に、その効果をより高めるための療法です。

手術では胃がんが目視できる範囲と、その周囲のリンパ節などを含めて切り取ります。
しかし、目視できないレベルの微細ながん細胞が、どこかに残ってしまう可能性は否めません。これらの微細ながん細胞を死滅させて再発・転移させないために、抗がん剤治療が用いられます。

2つめは手術などで切除が困難な進行がん・転移してしまったがんなどに対して、進行を遅らせるために行う場合です。根治が難しい胃がんの進行を抑制による延命や、がんで悪化する可能性のあるQOL(生活の質)を改善する目的で使用されます。

どのような抗がん剤を使用するかは、患者さんの状況やがんの進行度や種類などによってもさまざまです。

胃がんに使用される抗がん剤の種類

胃がんの治療に利用される抗がん剤には非常に多くの種類があります。
代表的な抗がん剤は以下の通りです。

  • フルオロウラシル(5-FU)
  • イリノテカン(CPT-11)
  • パクリタキセル(PTX)
  • シスプラチン(CDDP)
  • ドセタキセル(TXT)
  • デカフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合(TS-1)
  • TS-1

以上の薬品を単体や複合して、胃がんの抗がん剤として患者に投与していきます。

この中でも術後に服用する抗がん剤として、主流なのがデカフール・キメラシル・オテラシルカリウム配合(TS-1)です。TS-1が登場する前までは、主にフルオロウラシルが使われていました。

TS-1単体でも手術後の生存期間の延長に効果が認められていますが、より効果を高めるために推奨されているのはTS-1とシスプラチンの併用です。進行がんや切除不能ながんを縮小させる効果が高く、生存期間の延長も期待できます。

ただし、TS-1はカプセル剤で口から摂取するタイプの抗がん剤なので、経口困難の場合は使用できません。またシスプラチンも腎臓に大きな負担を与えてしまうため、腎機能が低下している患者には使えないという欠点があります。

胃がんの抗がん剤治療による副作用

これから抗がん剤治療を始める方にとって、最も不安を感じるのが服用により生じる副作用だと思います。胃がんに対する化学療法で伴う主な副作用は、以下のような症状です。

  • 白血球・赤血球・血小板の減少

    胃がんの抗がん剤治療は多くの現場で活用されていますが、研究の報告では副作用によって死亡する確率は2%程度です。

    胃がん治療で用いられる抗がん剤を服用すると、血液を精製する細胞にダメージを与えるため、白血球や赤血球、血小板などが減少する副作用が頻繁に発症します。

    白血球が減少すると、外部からの細菌に対する抵抗力が弱まって肺炎などの感染症を引き起こすリスクが高くなるのです。白血球の減少が起こった場合は、G-CFS(顆粒球コロニー刺激因子)を使用して対策をするケースもあります。

    赤血球が減少することによる代表的な症状は、貧血です。
    また赤血球の減少に伴って血小板も減少すると、出血をしやすくなったり、あざなどが消えにくくなります。

    上記のような目に見えない副作用は「骨髄毒性」と呼ばれ、場合によっては死亡する可能性もある危険な症状です。そのため、胃がんに対する抗がん剤治療を行っている期間は骨髄毒性が命に危険を及ぼさないレベルかどうかを、注意深くチェックしなくてはなりません。

  • 悪心・吐き気・便秘・下痢・嘔吐・食欲不振
    胃がんの抗がん剤治療で伴う副作用には、骨髄毒性以外にも頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・便秘・食欲不振などが挙げられます。抗がん剤を服用した患者全員が全ての症状を発症するわけではありませんが、上記のいずれかを訴える可能性は高いです。これは、どの抗がん剤を服用するかによっても異なります。
  • 脱毛
    胃がん治療で服用する抗がん剤の種類次第では、脱毛を引き起こす可能性があります。これはあくまで抗がん剤の副作用によるものなので、抗がん剤治療が完了すれば自然と回復するものです。
  • その他

    胃がんの治療で生じる可能性があるその他の副作用には、以下の症状が挙げられます。

    • 動悸
    • 爪や皮膚の変色
    • 息切れ
    • 筋肉や関節の痛み
    • 手や足の痛み(手足症候群)
    • 口内炎
    • 倦怠感やだるさ
    • 味覚障害
    • 肝機能障害
    • 腎機能障害

など。

これらの症状はいずれも胃がん治療の抗がん剤による副作用なので、抗がん剤治療が完了すれば比較的早期に回復するケースが多いです。ただし、長期にわたって服用していた場合は治療完了後も副作用の症状が残ってしまう可能性は否めません。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

関連ページ

胃がんの種別・原因・特徴について

胃がんの末期(ステージ4)症状・生存率・治療方法

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

天仙液を使用して胃がんを克服した方々の体験談

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲