1. トップ
  2. がんについての知識
  3. がん治療における手術でのメリット・デメリット

【がん治療】手術のメリット・デメリット 

手術のメリット

がん根治が期待できる

がんと診断された時、治療法として真っ先に考えられるのが手術による外科治療です。手術のメリットとして挙げられるのは根治が期待できるという点です。手術では、がん病巣とその周辺の組織、そして転移の可能性があるリンパ節を切除します。がん細胞を根こそぎ切除するため、他に転移がなければ根治出来る可能性が大きいのです。がんの手術は、早期のがんに大変有効といわれていますが、進行したがんであっても病巣の切除が可能な状態であれば根治を目指すことが可能です。近年では手術方法の確立や技術の向上に伴い、臓器の温存率も上がってきていると言われています。また、麻酔技術の進歩などによって患者の負担が少ない手術が可能となってきていることもあり、がんの治療において外科治療は最も有効で確実な方法だと言われています。

負担の軽い手術方法の確立

がんの手術は術後の負担が大きいといわれていますが、近年では患者の負担を軽減できる手術方法が確立されています。胃や食道、大腸などにできた初期の比較的小さながんの場合は内視鏡を用いて切除することが可能です。内視鏡手術では腹部に小さな穴を開け、内視鏡と手術用の器具を挿入します。画像をモニタリングしながらの手術となりますが、大型で高解像度のモニターに映し出された画像は鮮明で、精密で正確な手術を可能にします。内視鏡手術は通常の開腹手術と比較すると傷口が小さいため、患者の術後の痛みが大幅に軽減されます。また全身麻酔を用いる必要もないため回復も早く、術後の合併症のリスクも低いので、患者にとっては負担が軽く優しい手術とだと言われています。

手術のデメリット

健康な組織まで切除する

がんの手術を行うにあたって重要なことは、がん細胞に侵された組織を完全に取り除くことです。万が一取り残しがあった場合、がんの再発につながる恐れがあります。そのため手術にあたっては、がん病巣だけでなく、その周辺の組織も切除します。つまり健康な組織まで切除する必要があるということです。当然、切除する部分が大きくなるほど患者の負担は大きくなりますし、回復までに要する時間も長くなります。また、場合によっては身体や臓器の機能が損なわれる可能性があります。近年では画像診断技術が発達しており、がんに侵された組織と健康な組織とを区別できる機器なども開発されていますので、安全性の高い手術が可能にはなってきています。とは言え、事前に担当医からしっかりとした説明を受け、納得した上で手術に挑む必要があると言えるでしょう。

再発の可能性がある

がん治療において手術は非常に効果の高い治療法であり、根治の可能性が最も高い治療法でもあります。ただ、がん病巣を確実に切除できたからといって、再発の恐れが全く無いかというと、そういうわけではありません。がん細胞がリンパ液や血液に乗って他の臓器に移動し、新たな病巣を作ることがあるからです。これをがんの転移といいます。がんは転移したとしても、ある程度の大きさにならなければ診断ができません。がん細胞が増殖し、検査によって診断できるようになるのには一般的に2~3年、遅い場合であっても5年と言われています。逆に5年経っても転移や再発の兆候が見られない場合、がんは完治したとみなすことができるのです。がんの手術が成功したとしても、定期的な検診が必要不可欠となってきます。また、がん細胞の増殖を防ぐために生活習慣を改めるなどして免疫力を高めることも重要だと言えるでしょう。

手術による負担が大きい患者がいる

長期に渡る闘病生活をしている人や高齢者などの場合、健康な人と比較すると大幅に体力が低下している場合がほとんどです。そのため手術の負担が大きく術後の回復が困難を要する場合があります。また、がんが進行してしまっている場合、がんの再発を防ぎ、根治の可能性を高めるためがんに侵されている細胞だけでなく、周辺の広い範囲を切除することになります。そのため、術後の回復には時間がかかり、その後の生活の質が低下する恐れもあります。がんの治療法として手術を選択することが最善の策なのか担当医と相談する必要があると言えるでしょう。

医者の力量に左右される

手術は医師が行うものですが、経験や知識は一様ではありません。特に内視鏡手術は経験と知識、高い技術が必要とされています。がんの手術において特に難しいとされているのが、病巣とその周辺の組織をどこまで切除するかという判断です。がん病巣を完全に切除できなければ術後に再発する可能性があります。かといって広い範囲を切除してしまうと術後の回復に影響があるばかりか、臓器や身体が正常に機能しなくなるなどの悪影響を及ぼす可能性があるのです。がんの手術をうけるにあたっては、信頼できる病院および医師を探すということが何よりも重要だと言えるでしょう。

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師

その他の治療法のメリット・デメリット

抗がん剤のメリット・デメリット

放射線治療のメリット・デメリット

免疫療法のメリット・デメリット

代替療法のメリット・デメリット

天仙液について

抗がん漢方・天仙液とは

当サイトは、抗がん漢方・天仙液の情報サイトです。抗がん漢方・天仙液についての、製品紹介、研究・臨床試験の結果や、各国から寄せられた抗がん漢方・天仙液の体験者の声、メディア情報等、抗がん漢方・天仙液に関する豊富な情報を掲載しています。

TOP▲