1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 子宮がんを克服した体験者の体験談

世界中の天仙液体験者からの体験談
―子宮がんを克服―

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

2度のがんを経験して~「なぜ私ががんに!」

イディス・シーさん(アメリカ・サンフランシスコ・49歳)

1997年10月、生理の乱れと倦怠感が続いたため、婦人科で検査したところ、「子宮がん」と宣告されました。 8年前、夫を一人残し、子どもとともにアメリカに渡ったのですが…

>>内容を読む

6.2×5.7cmの腫瘍が消えた

鄭 冬松さん(吉林省・吉林市・女性・59歳)

1990年9月子宮頸がんのため、吉林省化工医院で子宮の全摘と骨盤リンパ切除の手術を受けました。術後は抗がん剤、放射線治療は受けませんでしたが…

>>内容を読む

子宮がんがなくなって医師もビックリ

梁 白翠珠さん( 台湾・台北県・62歳 )

私がだんだんやせてきたのを、娘がとても心配してくれました。55㎏あった体重が、45㎏にまで減ってしまったのです。そこで、娘に連れられて台湾大学附属病院で検査を受けたところ…

>>内容を読む

子宮がんが確実に縮小した

劉 少英さん(香港・65歳)

最初に子宮がん(医師は最初は筋腫だと判断)が見つかったのは、1996年のことです。転移している可能性もあり、年だから必要ないだろうと医師に言われ、子宮の一部とともに卵巣の一部も切除することにしました。

>>内容を読む

腫瘍が縮小し、水泳ができるまで回復

曾 潤芳さん(広東省広州市・70歳)

1993年8月広州医学院付属医院にて子宮内膜腺がん、両側卵管卵巣浸潤、大網膜転移と診断され、子宮や、卵巣などの摘出手術を受けました。 術後6クールの抗がん剤治療も受けましたが…

>>内容を読む

天仙液の効果を高めるコツ

島田 三枝子さん(東京都・44歳)

1995年5月、貧血のため会社で倒れ、救急車で病院に運ばれたのをきっかけに検査したところ、子宮顕がんが発見されました。「第Ⅲb期」つまり、進行性で、医師からは手術を勧められました。

>>内容を読む

中村 優子さん(45歳・東京都)

以前から通院していた病院で、たまたま体調が悪く検査してみたところ、がんと診断されました。先生に天仙液の服用を勧められ入院中もずっと飲んでいたせいか、術後の回復も早く、予定より早く退院できたようです。あせらずに一歩一歩、身も心も回復したいと甑う今日このごろです。

S・Aさん (大阪府・報告者・夫)

2006年3月から6クールの抗がん剤と併用し、治療後の検査でがんは縮小(4cm→2cm、2cm→0.5cm)消滅はしなかったが、自宅療養(様子見る)との判断でした。天仙液のお蔭で副作用が軽減され、無事終了する事ができました。

S・Rさん

以前、妹のがんを治したい一心で、天仙液を飲ませたが、本人にがん告知していなかったので違う容器に移し変えて『体にいい物だから・・』と飲ませ続けたところがんを克服した。5年ほど経過しているが妹はとても元気です。最近自分自身血痰が出て、色々な検査をしているかまだがんかどうかはわからない。だが、心配なので妹のことを思い出し、Sを一日1、2本で続けて飲んでみようかと思い、注文しました。