1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 悪性リンパ種を克服した体験者の体験談

世界中の天仙液体験者からの体験談
―悪性リンパ腫を克服―

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

「天仙液」とのめぐりあい

報告者/夫・荒木 次郎さん

平成21年9月29日、この日は私たち夫婦にとって、生涯忘れられない特別の日となりました。 6年前にサラリーマン生活を終えて、私は健康維持のため月1回のゴルフを楽しみ、妻は市民大学講座とジョギングに励んでいた老夫婦にとって、余りにも衝撃的な出来事でした。

>>内容を読む

悪性リンパ腫を克服!

呉さん(中国・寧夏自治区銀川 )

1999年9月に、「裏腹膜小細胞型悪性リンパ腫」と診断されました。発見されたときはすでに切除手術することが手遅れということでした。

>>内容を読む

「本物の天仙液」で腫瘍が縮小

馬 美玉さん(タイ・バンコク市・47歳)

のどの調子がおかしいので病院で診察してもらったところ、医師が「軽い炎症です」と炎症を抑える飲み薬を渡してくれました。その後も、のどの不快感は消えなかったのですが、子育てや夫…

>>内容を読む

全身転移した腫瘍が消滅

李 雨さん (吉林市・45歳 )

1988年6月、右肩にしこりを感じ、押すと強い痛みを生じると同時に全身がだるく、体温が低く、食欲不振などの症状があるため、白求恩医科大学第一臨床医院で検査を受け、組織検査の結果…

>>内容を読む

体で走れなくても、前向きに心で走ろう!

陳亦甫さん(台湾基隆市・12歳・男性報告者/母親 張華甄さん )

2001年12月、息子が熱を出し、顔色が悪いなどの症状が起きて、病院へ連れて行きましたが、特に異常が見当たらないと言われました。その後、2002年1月に右足を不注意で…

>>内容を読む

悪性のがんと告知され、死を意識

曽 月蛾さん( 台湾・基隆市・32歳 )

4年前のことでした。ピーナツくらいの大きさのしこりがのど元にできて、それがだんだん大きくなると同時に、声がかすれるようになったため、自宅近くの長康病院で検査を受けました。

>>内容を読む

漢方薬でがんを治すぞ

簡 国灯さん(台湾・台北県・43歳 )

頭獅、吐き気、それに体がグラグラするなどの症状が半年くらい前から継続的に起こったため、台北市の中心診所で検査を受けたところ、脳出血を起こす寸前だったと診断されました。

>>内容を読む

4回のつらい闘病生活を乗り越えて

増田 和枝さん(大阪府・57歳)

1993年、卵巣がんのため入院し、手術と抗がん剤の治療を行いました。その後、元気になり普通に暮らしていたのですが、2年後の1995年6月、背中の痛みと咳がひどくなり、食事も出来ない状態…

>>内容を読む

PET検査で首の腫瘍が見つかる

竹本 秀俊さん( 61歳・北海道・報告者妻)

「お腹の中がゴロゴロする」しゃがんだり、かがんだりするとき、お腹に違和感があるというのです。今年1月の晴れた休日、市内の公園で「歩くスキー」を楽しんでいた私たち夫婦は、この夫の一言…

>>内容を読む

「延命措置しかできない」と言われた状態から「すべて正常」に

カノワン・タンさん(タイ・バンコク・55歳)

1994年12月下旬、顎の近くにピー玉大の腫瘍が見つかりました。検査の結果は良性でしたが、悪性転化を防ぐため医師の勧めで手術を受けました。

>>内容を読む

自分のため妻のため最後まであきらめない

黄 清標さん(台湾・雲林県・37歳)

1997年4月、咽頭と左脇下にしこりかでき、自宅近くの病院で検査を受けました。「慢性炎症」という診断でしたので、これくらいなら大丈夫だと思っていたのですが、半年後に身体全体のリンパ腺に…

>>内容を読む

天仙栓併用でリンパ腫が驚くほど減少

江 志強さん(香港・78歳)

2年前の初夏、私は突然、倒れました。 もともと元気だけが取柄だったので、自分でもピックリ。すぐ入院し、検査したところ心臓や肺に水腫があることがわかり、リンパ腫が見つかりました。

>>内容を読む

とにかく治したいと漢方薬を信じて

王 錦原さん( 44歳・中国・広東省 )

半年ほどの間、胃のあたりがムカムカするような状態が続きました。もともと胃の調子が悪かったのですが、そのときには肝臓が悪くなったのではないかと思っていました。友人などには顔色がよくない…

>>内容を読む

天仙液で安らかな天寿を全うした

義母と義父(台湾・80代の夫妻 報告者/丁翠華さん)

天仙液と出会ったのは、中華民国85年(西暦1996年)の頃でした。義母は以前から痛みがあった右足が、年齢と共に悪くなることは免れないであろうと考えていました。しかし、この痛みが日々…

>>内容を読む

本当にがん細胞が消えた!

ソボー・ワタナタナウェンさん(タイ・76歳・男性)

私はタイのチューブリフシラァサーの出身で、20数年間、鉄道の線路設置の仕事をしてきました。もともと小さな病気にもかかったことがなく、健康には自信がありました…

>>内容を読む

自信があると、希望が湧く

陳小蓁さん(台湾・9歳・女性 報告者/母:許玲さん)

もともと子供は、純真無垢な子供時代を過ごせる権利をあるべきだと思っているのです。けれども、がんを患った子供達に明るい未来はどこにあるのか予測できなかったのです。

>>内容を読む

命の望みをつなぐ天仙液…

張宛倫さん(台湾台北市・14歳 報告者/母親)

2001年10月15日の月曜日、この心に刻むような日を永遠に忘れられません…娘は学校の陸上競技でクラスの代表として400メートル競走の試合の後、左膝がすごく腫れ上がり…

>>内容を読む

「天仙元氣精華」と「天仙丸」で克服

王 徳蘭さん (江西省瑞昌市・60歳)

11997年2月、江蘇省南京腫瘍医院にて悪性リンパ腫と診断され、4月に手術を受け、その後抗癌剤治療も受けました。 
6月から天仙丸、天仙元気精華を7クール服用したあと、予防的な服用方法(2日に一度服用などの断続的服用方法)によって、体調がよいです。
1999年5月、10月の江蘇省南京腫瘍医院のレントゲン、超音波検査では若干脂肪肝の心配がある以外は、特に異常がないとの結果でした。

抗がん剤と天仙液を併用

余 紅さん(四川省成都市・8歳・報告者/母)

1997年の夏頃、微熱、頸部のしこりがあったため、龍泉の病院で診察を受けたところ、「リンパ節の炎症」と言われ、治療を受けました。
しかし、治療して何ヶ月たっても病状の改善が見られなく、しこりが大きくなったような気もしました。1998年のはじめに友人の紹介で空軍成都医院にて診察を受けたところ、悪性リンパ腫といわれ、直ちに抗がん剤を受けさせられました。

その後、天仙液、天仙丸などによる総合治療の結果、胸部、縦隔及び腹部、頸部のしこりは消え、1998年9月1日から、小学一年生として楽しい学生生活を送っています。

天仙液のおかげで・・・

F・Tさん(滋賀)

2005年10月のPET検査でがん細胞が消えたと言われましたが、その後甲状腺にがん細胞を見付け、2006年2月のエコ検査で全てのがん細胞が消失、異常がないという朗報をもらいました。全て天仙液のおかげと信じていています。今後予防時にも天仙液を続けます。

天仙液Sの効果は絶大

幸田 春江さん(滋賀・68歳)

今年の初め、悪性リンパ腫と診断されました。その時、親戚の人から天仙液を紹介され、抗がん剤、放射線治療と天仙液のSとを併用して飲みはじめました。

本当なら、副作用で吐き気や痛みなどで苦しむといわれていましたが、思ったほどではありませんでした。これは天仙液のおかげだと感じています。6月のエコー検査で全てのがん細胞が消え、異常がないと告げられました。抗がん剤や放射線よりは天仙液のおかげで治ったのだと信じています。

現在でも予防のために1日に2本(1本10cc・現在の1本分)、天仙液改良型を飲んでいますが、元気で毎日を過ごしています。

※2008年より天仙液・天仙液Sは1本20ccに増量されました。

抗がん剤治療の副作用が消えた

林 健一さん(66歳・男性)

悪性リンパ腫のため抗がん剤で治療中です。まわりの患者さんは脱毛し帽子をかぶっていますが、私は天仙液改良型を飲みながら治療を行ったせいか全く髪の毛が抜けません。吐き気もほとんどなく、寿司、パン、カステラ、おかきなど口に合うものであれば何でも食べられます。頸部にたくさんあった腫瘍も目に見えて小さくなっており、担当医の先生も驚いておられます。