お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 悪性リンパ腫を克服した体験者の体験談
  4. 神田春子さん(大分県・64歳)

脳悪性リンパ腫が放射線治療と天仙液Sの併用で消滅した

平成27年4月3日頃から左足首から下に麻痺がでて足が動かなくなり、大分県立病院で診察を受けたところ、脳悪性リンパ腫と告知されました。手術ができないため、放射線と抗がん剤治療を受けることにしました。

治療のため、4月13日から大分県立病院に入院して、6月22日まで15回の放射線と抗がん剤治療を受けてきました。治療の副作用で食欲がなく、足の痺れなどもあったため、知人からの勧めで天仙液を知り、少しでも症状が回復することを願って、天仙液S服用を始めました。

6月初旬から天仙液Sを1日4本飲み続けた結果、6月24日の放射線治療の際腫瘍の4分の3が消えたと言われ、9月15日の定期検診のMRI検査では、主治医からがん細胞が消えていたと言われました。

6月から天仙液Sと放射線治療とを併用したおかげで、定期検査でがん細胞が消滅していて、やっと安心しました。現在も予防のため、天仙液Sを1日2本服用しています。辛かった足の麻痺症状も良くなり、体力も出てきました。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

澤田忠一さんの画像

▲神田春子さん64歳 大分県(写真中央)

2008年3月11日 検査結果および治療法の画像

▲2015年10月20日 診断書