お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 直腸がんを克服した体験者の体験談
  4. 長谷昭子さん(鹿児島県・62歳)

再発を繰り返した直腸がんが天仙液のおかげで消失

平成18年の6月頃から排便時に便が細くなり、便秘もひどくなり、腹部に痛みが生じるようになりました。そこで10月に鹿児島市内の病院で検査を受けた結果、直腸がんステージ4と宣告されたのです。もしやと思っていましたが、その結果は信じられず、死を意識しました。けれども、2人の娘も心配してくれて、何としても治さなければと決意したのです。

医師の治療方針は、がんの摘出手術、その後は抗がん剤治療ということで、11月に入院しました。直腸下部のポリープを内視鏡で切除して、直腸がんの手術をすることになりました。

不幸は重なるもので、実は手術の前の日、母が危篤との報を受け、悲しみのどん底でしたが、予定通り手術が行われました。術後は激しい痛みを乗り越えるために必死でした。けれども、痛みが軽くなるにつれ、母の死に目に会えず、お葬式にも出られなかった悲しみに襲われて、毎日、泣いていたことを今でも鮮明に思い出します。

でも、私にとって幸運な出会いもありました。それは、3回目の再発で手術を受けた時、同じ病院に入院していた榎田富美代さんという方と知り合ったのです。榎田さんは、すい臓がんを発症して手術不能と告げられましたが、天仙液を飲みはじめて、がんが小さくなり、その後の放射線治療と抗がん剤治療中にも飲み続け、なんと、がんが消滅していたとの体験談を聞き、私も飲もうと思ったのです。

もちろん、がんの消滅は期待していましたが、これまで再発を繰り返しており、何よりも再発を防ぎたいとの思いで、2月1日から飲み始めたのです。

その後、2月12日の検査で、さらなる再発が見つかり、術前の検査のために鹿児島大学病院に入院しましたが、国立がんセンター東病院でのセカンドオピニオンを希望して、3月3日に今回の資料を持参して検査入院しました。そして4月8日にPET検査を追加して受けた結果は、「PETの集積が消失しており、再発の可能性がないと診断された」と診断書にも書かれていました。なんと、がんが消え再発の手術が不要になったのです。「これは2月1日からずっと天仙液を飲んでいたために奇跡が起こったのだ」と思いました。

天仙液との出会いによって、私は命を救われました。今までは何しろ再発が恐ろしくて、治療していても再発のことが頭から離れずにいたのです。けれども、これからは予防のためにも天仙液を飲み続けることで再発の心配をなくし、明るく生きていけると確信しています。感謝です。本当にありがとうございました。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

長谷昭子さんの画像

▲長谷昭子さん62歳 鹿児島県

直腸がんと診断され入院した時の診断書の画像

▲平成18年10月 直腸がんと診断され入院した時の診断書

鹿児島大学病院の画像

▲平成27年10月 鹿児島大学病院の診断書