お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 肺がんを克服した体験者の体験談
  4. 下田光雄(静岡県・84歳)

肺がんステージ4から天仙液のおかげで義父は元気になりました

下田光雄さん(静岡県・84歳)報告者:手島貴さん(義息子さん)

私たち家族は、長い間、天仙液にお世話になっております。私の実の母が2001年に胃がんになって以来です。私の母は、余命1カ月の宣告を受けたにもかかわらず、天仙液のおかげで完治しました。80歳を超えている身体とは思えないほどピンピンしており、今も自転車で10km走ってしまうような元気の良さです。もちろん再発はしておりません。

今回は、義理の父親のお話です。
それまで前兆もなく元気だったのですが、2017年3月頃のこと、一緒にゴルフに行った帰りの時です。何だか胸が苦しいと言っていたので、念のために直ぐ病院に連れて行きました。大動脈解離という診断で、手術はすることなく薬だけで治ることができました。ただ、入院中に精密検査をしているうちに、なんと肺がんが発見されたのです。翌4月にはがんセンターにデータを送り、再度検査を行いましたがやはり肺がんで、リンパにも転移しており、ステージ4という事でした。

義父は、特にショックを受けたり悩んだ様子もなく、前向きにしょうがないという気持ちがあったようです。病院での治療は行わず、少し経ったある日に義父の方から、「そう言えば、お母さんもがんだったよね?どうやって治ったの?」と私に聞かれましたので、正直に天仙液というものを使ったので治ったのだと話しました。それならば私も使ってみようとの事で、最初は天仙液を1日3本飲みはじめました。少しずつ体の状況が改善され、それまで腸の調子があまり良くなかったのですが、非常に調子よくなることができました。2017年6月には天仙液Sに切り替え、1日2本を服用しています。8月の検査では、嬉しいことに、肺もリンパも進行が止まり、むしろどんどん小さくなっているとの事でした。このままいけば、10月頃にはまた大好きなゴルフに一緒に行けそうだという事だったので、ゴルフ場を予約して、それに向かって治療を頑張るという環境を作りました。

天仙液には本当に感謝しております。また、天仙液自体も素晴らしいものだと思っております。ただ、一番大事なことは患者さんが信じて飲むことで、また何か変化を起こしてくれる、必ずいい方向に向かえるのだ、と思う強い気持ちが一番大切なことだと感じました。

最後になりますが、家族ともども天仙液にはお世話になり、本当に感謝しております。ありがとうございました。

※報告者の手島さんは、がん患者様を取巻く家族として、患者様だけでなく家族と接するときは必ず笑いを大切にしているそうです。家族みんなが楽しいと感じられるように、何事も「当たり前ではなく、ありがとうの気持ちを持つ」ことを大事にしているそうです。患者様を取巻く方たちの参考になればと思います。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。