1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 直腸がんを克服した体験者の体験談
  4. 新城朝吉さん(沖縄県・69歳)

生きる夢と希望を与えてくれた天仙液パワーにバンザイ!

人生とは無常のものである。思いもよらぬ病魔がいきなり襲ってきて身も心も揺さぶってしまう・・・

私ががんの宣告を受けたのは、平成21年の8月のことでした。長引く便秘が気になって大腸内視鏡検査をうけたところ、直腸がんとの診断を受けました。担当医の説明によるとステージ1で手術すれば5年生存率は89.3%という説明に、心の動揺もなく、医者の勧めるまま、9月に手術を受けました。ところが術後の合併症で排便機能障害と排尿機能障害に悩まされ、数ヶ月間「便と尿」との格闘が続きました。

術後3ヶ月毎の検査では腫瘍マーカーが少しずつ上がり術後1年目平成22年9月にはマーカーが8.1までに上がったため、ペット検査とCT検査を受け、結果は「局所再発」と診断され、抗がん剤で治療し時期を見て再手術をするという治療計画が示されました。

がんは手術をすれば治るものだと思い込んでいた私は、それこそ雷に打たれた如く崖っぷちに立たされた心境で、がん治療に関する本を買い求め情報を集めました。

現代医学のがん治療法は手術(切除)、放射線(焼く)、抗がん剤(殺す)の三大治療しかなく、いずれ副作用が強く髪の毛が抜けたり、吐き気、嘔吐などでみるみる体力が落ち苦痛に耐えがたいとの体験記録を読み、抗がん剤も再度の手術も受けたくないと思い立った矢先に、関根進さんの『ガンを切らずに10年延命』という本に出会いました。

その本の中で、開発者の王振国先生は若い時からがんという難病治療の道なき道を切り開き、天仙液という漢方薬を開発された情熱と信念をお持ちで、中西医結合医療法という新しい治療法の実践を行い、今や世界20ヶ国80万人以上のがん患者に夢と希望と戦う勇気を与えている現実に、私も天仙液にすがりつく決心を致しました。

10月1日より天仙液を1日2本ずつ飲み始め、再発から2ヶ月後、平成22年11月6日にCT検査を受けたところ、腫瘍マーカーが8.1から7.2まで下がり、12月3日のCT検査ではなんと6.0まで下がって、腫瘍が縮小しているという主治医の言葉に胸をなで下ろし、天仙液を開発された王振国先生に心から感謝し天仙液のパワーにバンザイと叫びながら病院を後にしました。

今後とも天仙液を信じて、飲み続け治療に専念したいと思います。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

荒木章子さんの画像

▲新城朝吉さん69歳 沖縄県