お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. すい臓がんを克服した体験者の体験談
  4. 塩崎勉さん(北海道・78歳)

主治医に言われた「奇跡」のひと言を忘れません

2015年1月下旬より体調を崩し、3月上旬から腰、背中、腹部などの痛みが激しくなり、3月下旬にかかりつけの「はらだ病院」で検査を受け、4月2日に「旭川赤十字病院」へ入院しました。

入院先で主治医から膵臓がん(ステージⅣ)、肝臓に転移あり、余命最小3ヶ月から最大6ヶ月の告知を受けて、本人はもとより、家族全員が多大なショックを受けました。その後主治医から化学療法(抗がん剤)治療になると言われ、点滴による抗がん剤治療を始めることにしました。

4月15日よりその治療を開始、現在も月2回のペースで抗がん剤治療を受けています。日々効果が出ていて、現在その身心状態は実に良いです。

300人から400人に一人しかいないと言われている「奇跡!」

「天仙液S」は家族がインターネットなどでその実態を知り、5月中旬より家族の強い勧めにより、抗がん剤治療との併用で服用を始めたが、結果的に家族の意見は正しかったと感謝しています。

そして、7月のCT検査の結果は、主治医から膵頭部の原発巣が著明に縮小し内部壊死になっているほか、肝臓に転移した腫瘍も縮小し、短期間でこのような結果になる人は、300人から400人に一人しかいない「本当に奇跡だ!」と言われました。

「天仙液S」現在毎日2本を服用中だが、免疫力の向上に多大な効果が確実に発揮されていることも確信してやまないです。

「天仙液S」にめぐりあい、本当によかったと家族一同深謝しています。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

榎田富美代さんの画像

▲塩崎勉さん78歳 北海道

2012年7月30日 転院時総括表の画像

▲2015年10月2日 診断書

2012年7月31日検査報告書の画像

▲2015年7月1日 CT検査報告書