お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 卵巣がんを克服した体験者の体験談
  4. 徳野久美(神奈川県・54歳)

天仙液が生活の質を向上させてくれました。

徳野久美(神奈川県・54歳)

2014年の夏、市の婦人科健診を受けに行ったところ、大きい病院に行って精密検査を受けてくださいと言われたのが始まりでした。今日までどこが痛いわけでもなく、普通に生きてきたのにもかかわらず、なんと卵巣がんの疑いがあるかもしれないという事でした。最初は聖マリアンナ医科大学病院に行こうと思いましたが、友人が新聞にがん研有明病院が卵巣がんを取扱っている症例数が多く良いのではないか、と勧めてくれましたので、同年の9月初めにお世話になることにしました。

さっそく精密検査をしてみたところ、卵巣がんのステージ3だということでした。しかも手術をしてみないと悪性なのか良性なのかがはっきりしないと言われました。その時の私の気持ちは、「体のどこも痛くないのに私は死んでしまうのか?」「お腹を開けたが最後、死んでしまうのではないか?」など、頭の中は真っ白になり、信じられない気持ちでいっぱいでした。自分に起きたことだとは思えない衝撃的な出来事でした。

すぐに手術を行うということになり、卵巣、子宮、リンパ節54ヶ所を切除する大手術になりましたが、私は生還することができました。手術後は卵巣がんの場合は転移しやすいとの事で、抗がん剤治療が間をあけることなく始まりました。パクリタキセルやカルボプラチンなど合計8回にのぼりました。幸いにも私のがんは、抗がん剤が効くタイプだったようです。ただ、手がこわばったり、食事の量が減り、体重は10kg落ちるなどの副作用は経験しました。

なかでも、副作用として特に気になったのが2つありました。1つは口の中がやけどをしたかのように上下が痛くなること。また、頭の左側がずっとキーンと音がしているように感じた事でした。

そんな頃、主人が本屋で帯津三敬病院の院長が著者である「がんになっても諦めない!」という書籍を読んで、がん治療には病院で受ける治療以外にも代替治療と呼ばれる治療方法があることを知る機会がありました。私もこの本を読み、たくさんのことを学ばせて頂きました。

さて、副作用で気になっていた頭の中でするキーンという音ですが、気になり何度も担当医にたずねましたが、専門外のことなので詳しいことはわからないと言われるなど、あまり話を聞いてもらえない時期がありました。ある日、母と話していた時に私の話し方がろれつが回っていない事に気づき、再度医師に話したところ、脳を見てくれる病院を紹介してくださいました。そこで再び精密検査を受けて担当医の方が下した診断は、卵巣がんの時と同じくらい衝撃的な事でした。「転移性脳腫瘍です。大きさは1.6cmあり、余命は1年でしょう。」、それは、一番初めのがんを告知された時から半年後のことです。この時に私たち夫婦は、医師の言っていることだけを鵜呑みにしてはダメなのだと痛感しました。

すぐにガンマナイフを使った治療を行い、一旦落ち着いたのですがさらに半年後に小脳に再発。先生に何とかお願いして合計4回の放射線治療を行いました。

主人は以前に読んだことのある帯津先生が書かれた書籍のことを思い出し、インターネットを使い脳腫瘍のことを調べていました。ただ、脳腫瘍に効くというものがほとんど情報がない中で唯一情報が記載されていたのが天仙液でした。実は帯津先生も天仙液と縁があり、天仙液を推奨されていたことも私たちにとっての信用となり、さっそくサンプル付の資料請求をしてみてくれました。

サンプルをのんだ時のことは今でも忘れられません。抗がん剤治療をしていた時から続いていた口の中の痛みがふっと和らいだのです。

これは私にとって効くのではないかと感じ、問合せをしてみたところ天仙液Sの方が効果が強いという事でしたので、さっそく天仙液Sを注文してみました。標準量は1日2本と書いてありましたが、高価なものですから1日1本飲むようにしています。やはり、天仙液Sをのむと口の中の痛みは軽減されるし、体調も非常に良くなることが自分でもしっかりと感じ取れるようになりました。

なにより天仙液をのんでから、MRI検査の結果が今までにないくらい良かったことが主人も私も嬉しい事でした。正直、血液検査の結果は良くなっておらず数値は悪いままですが、口の中の痛みが治まったり、体調が良くなったりしたことから、天仙液自体には私たちがん患者にとって"生活の質"を向上させてくれることは間違いないのではないかと改めて認識することができました。

私にはまだ、これから大学に入学する子供もおりますし、主人と一緒に仕事もしています。自分の治療だけでなく、家族のことも考えていかなければならないので、元気に強く生きなければと思っています。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

検査詳細情報の画像

▲検査詳細情報2017年7月14日