お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗
  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 胆管がんを克服した体験者の体験談
  4. 吉村彦一さん(青森県・83歳)

高齢で手術のできない胆管がんが治って、今では農作業に夢中になっています。

今年(平成29年)3月15日のこと。どうも血圧が高くなって、定期検査の時期でもあったので、近所の病院に行きました。ところが、先生は私の顔色を見て、黄疸が出ているとのことで検査をしてもらったところ、閉塞性黄疸ではないかとの診断でした。それで、大きな病院で精密検査をしてもらったほうが良いと、つがる総合病院を紹介され精密検査を受けることになりました。

2日後の3月17日につがる総合病院で肝機能のCT検査を受けた結果、すぐに入院することになりました。後でわかったことですが、その時に主治医は家族に「下部胆管がん」と告げていたそうです。高齢のために体力の事を考えると手術をすることができないと話されて、内視鏡でパイプを通してまずは黄疸症状を消す方法がとられたということです。その時は黄疸症状がひどく、目まで黄色になって、家族は歳も歳だし、もうダメかと思って私にはがんの事は知らせませんでした。

内視鏡での治療を行って、その後は通院で抗がん剤のゲムシタビン点滴静脈注射の治療を2週間に1度から、3週間に1度受けることになりました。その時はさすがの私でも、自分が「がん」なんだということに気づきました。

ちょうどその頃、医者から「がん」のことを聞かされていた家族は、何とかして私を助けたいとの思いから、色々と探していたようです。娘が職場の上司から、友人で肺がんだった人が漢方薬を飲み続けて、5年間も無事に過ごしているという話を聞きました。その方は、抗がん剤やビタミン注射も併用していて、顔が黒ずんでいるが元気で生活しているとの事でした。

早速、娘がその友人の方から漢方薬を紹介してもらったところ、その漢方薬の名前は天仙液という漢方薬だったのです。友人の紹介ということもあり、中国の漢方薬に対する不安は全く感じることなく、入手できる輸入代行会社も教えて頂きました。その頃の娘の気持ちは、「やらないで後悔するなら、やった方が良い」とのことでした。その天仙液を実際に使われていた方の話しでは、主治医に天仙液を見せたところ、漢方薬は飲むにこしたことはないと言われたそうです。

とはいえ、天仙液は少々高価だったので、天仙丸6号というのが胆管がんに適した漢方薬だと聞いて、4月15日に申し込みました。抗がん剤治療と併用して使用を始めると体調もすこぶる良く、これは効きそうだと4月22日に天仙液を申し込んだのです。1日1本を朝晩2回に分けて服用していますが、おかげさまで免疫力が高まったというか、以前と変わらず体調はずっと良いままなので、今では毎日農作業に出ています。ジャガイモ、トマト、ホウレンソウ、ナス、大根など、我が家で食べる野菜はほとんど自給自足です。

平成29年6月9日に第4回目の抗がん剤治療と診察検査がありましたが、先生は結果を見て、「がんになっている方とは思えない検査結果です。かなり良くなっています」と話してくれました。娘にすすめられて飲んだ漢方薬ですが、これほど体調が良くなり、元気で大好きな農作業ができるのは天仙液のおかげだと心から感謝しております。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。

吉村彦一さんの画像

▲吉村彦一さん83歳 青森県

吉村彦一さんとご家族の画像
診療明細書の画像

▲診療明細書2017年4月20日-27日

入院診療計画書の画像

▲入院診療計画書

診療明細書の画像

▲診療明細書2017年4月20日-27日