1. トップ
  2. >購入方法・よくある質問

よくあるご質問

天仙液に関するよくあるご質問

天仙液に関するよくある質問に回答

天仙液に関する皆様からのご質問にお答えします

天仙液についての成分、作用、効果、飲用方法から入手方法まで、これまで皆様から寄せられた天仙液に関するご質問にお答えします。
さらに詳しくお知りになりたい方は、専用申込フォームより資料をご請求下さい。

■監修:北京振国中西医結合腫瘍病院副院長
広州中医薬大学中医学博士 孫苓献

天仙液に関するQ&Aリスト

効果、作用について

  1. Q1.天仙液は、がんにどのような効果があるのですか?
  2. Q2.天仙液は、がん細胞に対してどのように作用するのですか?
  3. Q3.天仙液は、どんながんにも効果があるのですか?
  4. Q4.がんの進行(初期、中期、末期)度合いによって、どのような効果がありますか?
  5. Q5.末期がん患者や余命宣告されているケースでも天仙液の使用はできますか?
  6. Q6.天仙液はがんの予防効果があるのでしょうか?
  7. Q7.手術をせずに、天仙液だけでがんを治療することはできませんか?

使用方法、使用量について

  1. Q8.初めて天仙液を飲用しますが、飲用量はどのようにすればよいでしょうか?
  2. Q9.がんがかなり進行して、多く服用させたいのですが、1日の最高服用量は何本ですか?
  3. Q10.天仙液の保管方法について聞きたいのですが?
  4. Q11.子供に天仙液を飲ませたいのですが、問題はありますか?
  5. Q12.手術前後に天仙液を服用しても問題ありませんか?
  6. Q13.化学療法を受ける前後、もしくは受けている最中に天仙液を服用しても良いでしょうか?
  7. Q14.天仙液と食物の関係はどうでしょうか?避けた方が良い食物はあるのでしょうか?
  8. Q15.避けた方が良い食物があるということは、相性がいい食物もあるということでしょうか?
  9. Q16.「血圧が高い」と医師に言われました。天仙液を服用しても問題はありませんか?
  10. Q17.長年、糖尿病を患っていますが、甘い味のする天仙液を服用しても大丈夫でしょうか?
  11. Q18.脳卒中(脳溢血)を患っていますが、天仙液を服用しても良いですか?
  12. Q19.がんになった場合、天仙液はどのくらいの期間、続けなければならないのでしょうか?
  13. Q20.妻が食道がんの末期で、のどや胃にチューブを通している状態ですが、こうした状態でも天仙液を服用しても大丈夫でしょうか?
  14. Q21.天仙液はどのような量で使用すればいいのですか?

成分、品質について

  1. Q22.天仙液の成分を教えてください?
  2. Q23.最近、中国の食品が問題になっていますが、天仙液は大丈夫でしょうか?
  3. Q24.天仙液と天仙液Sとはどう違うのですか?

副作用、薬との併用について

  1. Q25.天仙液と他の西洋医薬を併用して服用しても良いでしょうか?
  2. Q26.天仙液は他の健康食品(サプリメント)と併用して大丈夫ですか?
  3. Q27.天仙液の飲用による副作用はありますか?
  4. Q28.天仙液を飲用すると、肝臓機能や腎臓に対して影響がありますか?

入手方法について

  1. Q29.天仙液はどのように入手できるのですか?
  2. Q30.天仙液を入手する際に不安はないですか?

天仙液に関するQ&A

効果・作用について

Q1.天仙液は、がんにどのような効果があるのですか?
A1.天仙液は、「中医学」(漢方医学)をもとに西洋医学の長所を取り入れ融合した「中西医結合医療」によって研究開発されました。天然漢方生薬だけの配合、処方による抗がん薬として、中国政府(中国国家衛生部=日本の厚生労働省に相当)が1988年にがんに対する高い治療効果を認め、漢方薬で初めて医薬品として認可された『複方天仙膠嚢(ふくほうてんせんこうのう)』(製品名「天仙丸」)を、1991年に製薬企業の中日飛達聯合有限公司(本社・香港)との共同研究開発で、最新科学技術によってさらに効果を高めて、液体に改良、進化した抗がん漢方薬(医薬品)です。天仙液が研究開発されてから 年、さらに改良、進化を続け、現在でも世界各国の大学病院やがん研究・検査機関で、有効性が次々と科学的に立証されております。その結果を、次のように簡単にまとめてみました。
①がん症状の改善、回復効果、延命効果など。
②末期がんに特有な苦痛の軽減効果、鎮痛作用効果など。
③西洋医療による副作用の軽減効果、相乗効果など。
④がんと共存しながら、QOL(生活の質)の向上効果など。
国立台湾大学医学院付属医院での臨床試験結果についての詳細
Q2.天仙液は、がん細胞に対してどのように作用するのですか?
A2.天仙液の薬理作用は、がん細胞を破壊すると同時に、正常細胞を促進させて、本来人間が持つ免疫機能を高めながら、がんの改善効果を発揮します。
中国の大学病院、研究機関で行われた臨床試験では、特に消化器系統(食道がん、胃がん、大腸がん、直腸がんなど)に高い有効率が立証されています。
Q3.天仙液は、どんながんにも効果があるのですか?
A3.天仙液は液体化され、経口の内服液として使用できるように研究開発しています。ですから、飲用後に有効な成分を吸収して抗がん作用が働きますので、各種のがんに対して高い治療効果が発揮されます。
日本の新薬開発研究の権威でもあります「新薬開発研究所中央研究所(現・新薬リサーチセンター)」において、天仙液のラットによる抗腫瘍作用の試験が行われ、その結果、天仙液のがん抑制率が平均で62%、天仙液S(現・天仙液S)のがん抑制率が平均で84%となっています。
Q4.がんの進行(初期、中期、末期)度合いによって、どのような効果がありますか?
A4.天仙液はがんに有効とされる生薬の配合、処方によって研究開発した漢方薬です。その特徴として、原則的に天仙液の使用する「量」で、効果が左右されます(個人差があります)。一日の使用量の目安として、次のようにまとめてみました。※天仙液1セット(1ヶ月分相当)の内容量1本20cc×60本
①健常者・がん予防20cc。
②再発予防・初期がん20㏄~40cc。
③初期、中期がん20㏄~40㏄。
④中期、末期がん40㏄~60㏄(増量時80cc)。
※1日最大服用量は80ccです。
Q5.末期がん患者や余命宣告されているケースでも天仙液の使用はできますか?
A5.前述のA2A3でお答えしましたように、天仙液はがんを身体全体から診る漢方医療で、あくまでも抗がんを目的として開発された漢方薬です。様々な研究試験、臨床試験で、総合的にがんに有効であると実証されてきていますので、がんの進行度合いと関係なく、使用して頂ける抗がん漢方薬です。実際に末期がんの方が使用しているケースが多くあります。
Q6.天仙液はがんの予防効果があるのでしょうか?
A6.がんは、活性酸素などの変異源が、がん遺伝子を目覚めさせたり、慢性的な要因によって、がん細胞が異常増殖をはじめるのが原因とされています。天仙液はがんを引き起こす大きな要因となる、活性酸素の発生を抑制する働きがあり、また免疫力を調整してくれますから、治療とともに予防にも大きな力を発揮します。予防を目的とするときには、午後9時を目安に、天仙液を1本(20cc)服用するのが良いでしょう。
Q7.手術をせずに、天仙液だけでがんを治療することはできませんか?
A7.がんの種類と進行状態にもよりますが、末期のがん患者さんが天仙液だけを服用して完治した例はいくつもあります。しかし、医師が「手術をしたほうが良い」というのであれば、その言葉に従ったほうが良いでしょう。手術をして主要患部を切り取り、その手術と平行して天仙液を服用することで、回復も早くなると思います。

使用方法・使用量について

Q8.初めて天仙液を飲用しますが、飲用量はどのようにすればよいでしょうか?
A8.前述A4でお答えしましたように、病状によって異なってきますので、天仙液の使用方法を参照してください。また、天仙系列製品との併用をお勧めします。
Q9.がんがかなり進行して、多く服用させたいのですが、1日の最高服用量は何本ですか?
A9.原則的に1日の最高服用量は4本(80cc)となります。服用例としては、午前9時、午後3時、午後9時、就寝前に各1本ずつ、計4本(80cc)になります。
※ただし、体質の個人差もあります。
Q10.天仙液の保管方法について聞きたいのですが?
A10.天仙液の保存期間は3年間となっています。特に冷蔵庫に入れる必要はありませんが、直射日光や湿気の多い場所の保管は避け、通気性の良い涼しい場所に保管して下さい。また、服用時は、ビンをよく振ってからお飲み頂くと、底に沈殿した有効成分が混ざり、より効果的です。
Q11.子供に天仙液を飲ませたいのですが、問題はありますか?
A11.大人から幼児にいたるまで、天仙液は摂取が可能です。しかし、同じ量というわけにはいきません。薬の量は体重によって減らすべきものですが、大まかにいいますと、12歳以下の子供の場合は、大人の半分を目安にすると良いでしょう。もちろん、体重の少ない幼児の場合は、適宜判断し、それよりも少ない量を服用させて下さい。
Q12.手術前後に天仙液を服用しても問題ありませんか?
A12.何の問題もありません。手術前に服用しますと、がん細胞の増殖や転移を抑制しますし、免疫力も向上します。また手術後(2週間後を目安)も、食事が可能になってから服用することによって、体力が回復し、再発や転移の可能性が低くなります。
Q13.化学療法を受ける前後、もしくは受けている最中に天仙液を服用しても良いでしょうか?
A13.基本的に化学治療の前後1時間以上、時間を空けて頂ければ、天仙液を飲まれることは可能です。但し、点滴による抗がん剤治療をされる方は、点滴終了後2、3時間空けてからお飲み下さい。
Q14.天仙液と食物の関係はどうでしょうか?避けた方が良い食物はあるのでしょうか?
A14.何がどう関係しているのか判然としませんが、これまでの臨床経験に照らし合わせると、避けた方が良い食物はあるようです。蟹肉、鶏の皮、唐辛子などがそれにあたりますが、お酒の類も出来るだけ飲まない方が良いでしょう。お酒は、過剰に血の巡りを良くする可能性があるからです。また、体を冷やさないように注意しましょう。
Q15.避けた方が良い食物があるということは、相性がいい食物もあるということでしょう?
A15.医食同源といいますように、一般の食物の中にも薬として作用する成分がたくさん含まれています。問題はその成分と天仙液との相性の問題ですが、概して天仙液は、抗酸化作用をもつ食物と相性が良いようです。にんにく、しいたけ、酢、海草類、豚骨スープ、果物、野菜、豆類製品などですが、天仙液との相性の悪い蟹肉や鶏の皮、唐辛子など以外のものであれば、それぞれ少しずつで結構ですから、多様な食品を毎日食べるように心がけた方が良いでしょう。
Q16.「血圧が高い」と医師に言われました。天仙液を服用しても問題はありませんか?
A16.天仙液は血液の循環を良くする働きがあるほか、血圧調整の働きを持つ成分が入っており、高い人は下げてくれますし、低い人は上げてくれます。合わせてお試しください。
Q17.長年、糖尿病を患っていますが、甘い味のする天仙液を服用しても大丈夫でしょうか?
A17.天仙液は確かに甘い味がしますが、それは甘草からの甘さであって、砂糖の甘さではありませんから、何ら問題はありません。生薬の天仙液には血糖値を降下させる成分も含まれていますから、血糖値が上昇する危険性は皆無といって良いと思います。天仙液はあくまでもがんを対象とした漢方薬であり、糖尿病の薬ではありません。糖尿病を治すには西洋医薬などを用いることになります。その際、必ず1時間以上、服用時間を空けることは言うまでもありません。
Q18.脳卒中(脳溢血)を患っていますが、天仙液を服用しても良いですか?
A18.出血がなければ心配はいりません。天仙液は全身の血行を良くする働きがありますので、鬱血があれば、その鬱血を改善してくれます。
Q19.がんになった場合、天仙液はどのくらいの期間、続けなければならないのでしょうか?
A19.①がんであることが分かった場合
がんが、早期であろうと末期であろうと、ともかく服用を続け、また手術やそれらの治療が終わっても、医師の検査で、腫瘍が縮小し、さらに消失するまで続けるように指導しています。つまり徹底的に治療しようというわけです。
②検査で腫瘍が消滅した場合
医師の検査によって腫瘍が消えたという結果が出ても、3カ月毎に病院の検査を受けてください。がんは、再発や転移確率が高いから怖いのです。
③再発・転移を防止したい場合
再発と転移は、どうにか逃れることができたとしましても、安心していいかというと、まだ楽観しないで下さい。治療後5年間に再発する確率は60%といいますから、これからの時期が大切なのです。そのために、1年のうち、3月と9月のそれぞれ1ヵ月間だけ、天仙液月間にして下さい。そこで確実にがんの目を摘んでしまうことです。
Q20.妻が食道がんの末期で、のどや胃にチューブを通している状態ですが、こうした状態でも、天仙液を服用しても大丈夫でしょうか?
A20.天仙液は基本的に経口服用をおすすめしています。のどや胃に、チューブを通している場合などは、天仙液は差し控えて下さい。
Q21.天仙液はどのような量で使用すればいいのですか?
A21.前述のA4でお答えしましたように、体質の個人差により、症状の重い中期、末期の方や抗がん剤、放射線治療との併用の場合、1日2本(40cc)以上飲まれる方がよろしい場合もありますし、比較的症状の軽い初期、中期の方の場合、1日に1本(20cc)か、2日に1本という場合もあります。たとえば天仙液の場合、1日に1本なら1セット(20cc×60本)が2カ月分に相当して、1カ月の費用は約74,000円となり、2日1本なら1セットが4カ月分に相当して、1カ月の費用は約37,000円となります。また、再発を心配される方や予防で飲まれる方ですと、3日に1本なら、1セットが6カ月に相当して、1カ月の費用は約25,000円ということになります。

成分・品質について

Q22.天仙液の成分を教えてください。
A22.天仙液は100%良質な漢方生薬だけで作られております。化学合成物や化学薬品は一切含まれていません。成分の詳細はこちらをご参照ください。→天仙液の成分
Q23.最近、中国の食品が問題になっていますが、天仙液は大丈夫でしょうか?
A23.「天仙液」は、世界的に権威のある厳格な検査機関の香港SGSによって、毒性機関などの品質チェックがされており、生薬採取から製造まで厳重な管理のもとに製品化されていますので、安全性につきましてはご安心下さい。
「天仙液」の安全性について
Q24.天仙液と天仙液Sとはどう違うのですか?
A24.天仙液Sは、天仙液を基本として、さらに抗がん効果を高めた処方をした抗がん漢方薬です。症状、個人差によって異なります。。

副作用、薬との併用について

Q25.天仙液と他の西洋医薬を併用して服用しても良いでしょうか?
A25.西洋医薬との併用は何ら問題ありません。薬学的に体内で反応して何らかの悪影響があるということはありません。しかし、絶対にないと言いきれませんので、併用する場合は服用時間を前後1時間ぐらい空けて下さい。
Q26.天仙液は他の健康食品(サプリメント)と併用して大丈夫ですか?
A26.併用することはできます。ただし、医師が処方した漢方薬の場合は、医師と相談した方がよろしいでしょう。健康食品との併用で言えば、『ガンを切らずに10年延命!』の著者でジャーナリストの関根進さんは、著書の中で末期食道がんと宣告されましたが、手術を拒否して抗がん剤+放射線治療と天仙液+SODという健康食品との併用で、2カ月でがんが消えたということが書かれています。
Q27.天仙液の飲用による副作用はありますか?
A27.厳密に説明しますと、「薬」である以上、全く副作用がないと断言はできません。ただし、その副作用は漢方薬の解毒作用で、天仙液については、次のような症状が考えられます。
①初めて天仙液を摂取した方の中には、天仙液の抗がん作用による好転反応が生じる場合があります。具体的には、胃腸の不快感、下痢、老廃物の排出による皮膚のデキモノ(湿疹)など。
②抗がん作用の働きが強い成分が含まれているため、胃腸の不快感や下痢など症状が出る方がいます。
いずれにしても、まず天仙液から使用して頂くようにお話をさせて頂いております。
悪い毒素を身体から排出することに伴う軽い解毒作用の症状であり、漢方では「好転反応」とされていて、一時的なものですので深刻な副作用の心配はありません。
Q28.天仙液を飲用すると、肝臓機能や腎臓に対して影響がありますか?
A28.天仙液は漢方生薬だけで配合、処方しており、様々な臨床・研究試験が行われており、毒性の心配はありません。肝臓機能、腎臓に対しては全く影響がないことも立証されています。

入手方法について

Q29.天仙液はどのようにして入手できるのですか?
A29.天仙液は海外の漢方薬(医薬品)と認定されているため、直接、香港の世界総販売元で購入されるか、個人輸入で入手する方法があります。現在では、海外の医薬品である天仙液を安心・安全・確実に購入するには、厚生労働省のガイドラインに則った日本の指定個人輸入代行会社に購入を依頼する方法がございます。

初めて注文する海外製品なので、商品が手元に届くまでは不安という方には、商品が到着した後にご請求書を送らせていただく「後払い」決済システムもございます。

天仙液の「個人輸入代行システム」は次のようになっています。
※参照:厚生労働省個人輸入代行業の手続き代行行為について

※なお、製品は国際小包となりますので、お申込みから製品の到着まで1週間から10日間ほどを要します。

天仙液は、世界製造販売元が各国の法律に則り、全世界へ供給致しております。 品質管理から製品化まで、より高品質な天仙液の供給体制を整え、皆様に安心を お届け致します。

個人輸入代行について

日本の厚生労働省は天仙液及び天仙系列製品を「海外の医薬品」として認知しております。従いまして、日本での天仙液の購入方法は、香港の天仙液の世界製造販売元・中日飛達聯合有限公司で直接お求め頂くか、厚生労働省のガイドラインに則った日本の指定個人輸入代行会社に購入を依頼する方法となります。

「個人輸入システム」が確立され約20年が経過した今は、どなたでも日本にいながら、簡単に安心して購入できるようになりました。指定個人輸入代行会社では、「個人輸入」に関する手配から、発生するわずらわしい手続き(送金・通関手続き、トラブルの対応など)も含め、全ての手続きをお客様に代わって行い、安全に製品がお手元に届くまでお手伝いすることができます。

こうした理由から、世界製造販売元では、天仙液を安心・安全に入手して頂けるよう、世界製造販売元が指定しております個人輸入代行会社を通じてご入手されることをおすすめしております。
Q30.天仙液を入手する際に不安はないですか?
A30.天仙液は、日本において個人輸入代行(購入手続きを行う会社)に依頼することで、どなたでも簡単に安心して、インターネット、電話、FAX等により申込みできます。ただし、偽物や類似品を不当に販売する等、入手の際にトラブルとなる業者も数多く存在しておりますので、世界製造販売元指定の会社をおすすめします。指定会社でお申込み頂ければ、100%正規品の天仙液を早く安全にお届けし、入手の際のサポートも万全です。

偽物に関するQ&A

Q1.新聞・雑誌・書籍などに載っている臨床データなどはどの製品のものですか?
A1.すべて天仙液の世界製造販売元の製品である「天仙液」を使用し、世界各国の試験機関や研究施設で行った試験データです。偽物のなかには、試験データ(数値)を流用しているものもありますのでご注意下さい。
Q2.偽物には麝香(じゃこう)、熊胆(ゆうたん)が入っているというのは本当ですか?
A2.数多く存在する偽物の成分表には、麝香(じゃこう)や熊胆(ゆうたん)が含まれているという表記のあるものは、最近ではほとんどありません。ただ、「表記されていませんが、含まれています」という根拠のない説明をする輸入代行業者も存在しますので、お問合せの際にはご注意下さい。
なお、製品化した当初の天仙液には、麝香(じゃこう)、熊胆(ゆうたん)の成分が含まれていました。その後、国内だけでなく、世界各国から製品購入に関するお問合せが急増したこともあり、世界的な流通を可能にするため麝香(じゃこう)、熊胆(ゆうたん)の代わりとなる成分を使用することになりました。
Q3.偽物はどのように見分けて、本物の天仙液はどのように選べば良いのですか?
A3.あくまでも個人の責任においての輸入となりますので、個人輸入代行会社選びには十分注意して下さい。世界製造販売元は各国の法律に則った輸出業務を行っております。ですから、前述A30でお答えしましたように、世界製造販売元が指定した個人輸入代行会社なら、安心してご購入いただけます。
Q4.「天仙液」と「活力源口服液」とはどう違うのですか?
A4.「天仙液」は世界製造販売元が指定する個人輸入代行会社および代理店、または供給窓口を通してのみ購入することができます。ホームページ上などで、「活力源口服液(旧名 天仙液)」と称したり、「濃縮型天仙液」などと称しているものは、成分を含め、全く偽物の製品です。なお、活力源口服液は中国国内で流通している漢方の栄養ドリンク剤です。
なお、天仙液の内容物は濃い茶褐色で、高濃度の液体であり、偽物の多くは薄い茶褐色で、低濃度の液体です。
TOP▲