末期(ステージ4)生存率・治療方法について

肝臓がんの基本情報

肝臓がん末期(ステージ4)生存率

病期症例数(件数)5年生存率(%)
I期1,01055.4
II期86336.9
III期80616.3
IV期3976.1
全症例3,28432.9
出典:全国がん(成人病)センター協議会による、肝臓がん臨床病期別5年生存率(2014年10月集計)

ステージ4では病院治療以外の治療方法の検討も必要

沈黙の臓器と呼ばれる肝臓がんは末期近くになるまで自覚症状がほとんど出ず、気付いたときには手遅れになるケースも珍しくありません。他のがんと比べるとステージⅠであっても5年生存率は50%代と低くなります。また末期の肝臓がんになると手術は不可能となり、その結果5年生存率も6%代とさらに低くなります。

なお、一般的に肝臓がんの原因とされる要素は以下の通りです。

・肝炎ウイルス(B型・C型)の感染
・慢性的な肝炎や肝硬変などの肝臓に関わる疾患を以前から患っている
・過度の飲酒や喫煙

肝臓がんが末期にまで進行した場合、原則的に手術による切除は治療法の候補として含まれていません。単純に肝臓は身体にとって特に重要な臓器のため、全摘出することはできず、部分切除なども範囲が非常に限られてしまいます。 その中でも末期になった肝臓がんは部分切除よりも、あえてそのまま残して抗がん剤や放射線を用いて現状以上のがんの進行・拡大を抑制し、症状の緩和をする方が有効なのです。

基本的に手術が不能となった時点で、治療の方針は生活の質を改善する(QOL)や延命措置となるのが一般的です。部分的な切除や他者から肝移植を受けられる状態であれば、もちろんその方法が推奨されます。

また、患者の自然治癒力を引き出し、QOL(Quality of Life=生活の質)を高める目的として、通常医療の代わりに一般的な治療とは違った側面からがんに対してアプローチしていく代替医療が採用されるケースも増えてきています。代替医療の中でも一番注目されているのが漢方を使用した代替治療です。

そこでステージ4では、ドクターと相談して病院治療以外の方法(=代替療法)を探すことも大切な選択肢の一つとなります。単にQQLの向上だけではなく漢方による代替療法は免疫力をアップさせるので、自己治癒力を高めます

西洋医学だけではがんは治せない
今、補完する新しい治療法が求められている

多くの日本のがん患者の方は

・副作用で苦しまない、体に負担をかけたくない
・がんになってもQOL(生活の質)を保ちながら生活を送りたい
・病院での治療(標準治療)以外、できる限り多くのがん治療の選択肢を持ちたい

という切実な願いを持っています。
そこで現在、いろいろな代替療法を求めるケースが多くなっています。そして、代替療法の中でも特にがん治療の選択肢として注目されているのが、自然生薬で作られている漢方によるがん治療の漢方療法です。

ではなぜ、漢方療法ががん治療に求められているのでしょうか。主に以下の理由が挙げられます。

ステージ4(末期)に漢方療法が有効な3つの理由

①西洋医学の壁:

抗がん剤によるがん治療は劇的な治療効果をもたらすものの、その重篤な副作用が逆に疾患の完治、あるいは根絶を困難にしています。

一方、漢方療法は人間が本来的に持つ「自然治癒力(治ろうとする力)」を最大限引き出し、「免疫力(病気に抵抗する力)」を高めることを主眼としています。

②QOLの向上ができない:

西洋医学による標準医療では手術後の体力の減少、薬の副作用等、患者さんを大変苦しめ、生活の質(=QOL)が低下するばかりです。

一方、漢方療法は標準医療によるダメージや副作用を軽減し、各種治療を従来通り継続することができます。

③木を見て森を見ない「対処療法」だけでは、がんは治せない:

西洋医学は、局所的な症状の改善を目的とする「対処療法」が基本です。

一方、漢方療法は根本となる原因を取り除く「原因療法」を主眼としています。近年、世界の医療の潮流は、「対処療法」+「原因療法」=「統合医療」の考えが主流となりつつあります。

資料請求


【文責者紹介】
国際癌病康復協会 日本支部 安斎 昭
医療ジャーナリスト歴20年のベテラン。天仙液開発者:王振国医師が運営する国際癌病康復協会(本部・香港)のがん撲滅活動に強く共感し、日本支部の立ち上げ当初から参画。がんを体験した人たちや、漢方によるがん治療に感心のある人たち向けに、「がんと漢方医学」をテーマにした勉強会やセミナーを実施。また、がん治療の世界的な潮流になっている代替医療、特に漢方医学(東洋医学)に関して、WEB上でも積極的に情報発信を行っている。