お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 日本の国旗
  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗

がん治療の選択肢「天仙液」の情報をお伝えするポータルサイト

  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 胆管がんを克服した体験者の体験談
  4. 大島耕一さん(千葉県・62歳)

複雑に転移してしまったがんが退院できるまでに

大島耕一さん(千葉県・62歳)

私の場合は、1997年12月、診断の結果、「肝門部胆管がん」と「上部直腸がん」の重複がんであると宜告されました。すぐさまドレナージを3ヵ所行ったのですが、胆管がんについては手術は出来ませんでした。

化学療法を受けましたが、効果はありませんでした。あとは放射線治療しかないというので、翌年1月、放射線治療ができる病院に移りました。放射線治療を続け、4月には大腸がんの手術を行い、5月にドレナージを取って退院することになりました。しかし、ものの2週間も経たないうちに再入院することにな り、再びドレナージを行いました。

このころから天仙液を断続的に飲み始めました。天仙液との出会いは、友人から送られた天仙液の本を読んで、資料を送ってもらったことがきっかけです。

最初は半信半疑で飲 んでいました。天仙液に賭けてみようと思ったのは、1998年の7月に、王先生が来日した際の講演会に家族が参加し、その講演会のテープを聞いたことです。それ以後、天仙液を本格的に飲み始めました。

というのも、その時に「肝臓に転移したがんは治せません。がんによる腹水も出ています。今以上に良くなる可能性は少ない」と医師に告げられ、「今、家に帰らなければ、もう帰れなくなるかもしれない」と思い、退院したのです。 でも、天仙液を本格的に飲み出して2ヵ月目には、黄疸が改善して、腹水もなくなり、 4ヵ月後にはドレナージも取れました。

現在も、身体には小さながんが残っていますが、胆管の炎症や肝機能の低下などで入退院を繰り返していたことを考えれば夢のようです。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。