お問合せフリーダイヤル0120519559

世界各国での活動報告(世界支部)

  • 日本の国旗
  • 香港の国旗
  • 台湾の国旗
  • タイの国旗
  • マレーシアの国旗
  • フィリピンの国旗
  • ルーマニアの国旗
  • インドネシアの国旗
  • 中国の国旗

がん治療の選択肢「天仙液」の情報をお伝えするポータルサイト

  1. トップ
  2. 体験者の声
  3. 肺がんを克服した体験者の体験談
  4. 長島洋一(東京都・74歳)

体調回復を体の内側から感じられるようになった

長島洋一(東京都・74歳)

1999年6月、胸部CT検査を受けたところ異常が発見されました。9月、精密検査を受けがんであることが確認されたため、投薬治療を始めました。

そんな時、通院途中のバスの広告で『がんとの闘いに克った』という書籍の広告を目にし、さっそく本を読んでみて、この本で紹介されていた天仙液に賭けてみようと思い、注文することにしたのです。

国際癌病康復協会日本支部に連絡し、詳しい服用方法を尋ねたところ、天仙丸をプラスする方法もあると言われました。現在、1日に天仙液6本(1本10cc・現在の3本分)、天仙丸6粒を服用しております。

服用し始めて、ちょうど2ヶ月経ったころ、体調が良くなってきているのが、体の内側から感じられるようになりました。その後、検査を受けたところ、がんは大きくなっていませんでした。しかも、食欲もあり、顔色も良いためか、医師も安心しておりました。

今年に入ってからも検査を行いましたが、腫瘍マーカー(CEA)は39でした。このまま無事に過ごせれば良いと思っています。

ただ、天仙液の本当の効果が現われてくるのは、もう少し経ってからだと思います。私も、もちろん頑張るつもりですが、もし治った日には、一人でも多くのがんに苦しむ人に天仙液を勧めたいと思っております。

※2008年より天仙液・天仙液Sは1本20ccに増量されました。

※体験談はご本人の実体験に基づくお便りで、天仙液の効能・効果を示すものではありません。