magazine 医療・健康雑誌・新聞・インターネット

06. 医療・健康雑誌・テレビCMで紹介
2022.07.08

天仙液関連の書籍をテレビCMで紹介

天仙液について記載されている書籍のテレビCMが放映されました。

▲BSフジで放送されたTVCM。

天仙液や抗がん漢方が取り上げられた主な医療・健康雑誌を紹介

これまで多くの医療誌、健康誌、がん情報誌などで、天仙液や抗がん漢方に関する記事が掲載されていますので、主な記事を紹介します。

『統合医療でがんに克つ』(株式会社クリピュア)

がん情報月刊誌『統合医療でがんに克つ』で、新刊書籍『抗がん漢方―医師から見放された末期ステージ4 安定から好転、完治へ漢方が救う!』が紹介されました。書籍は世界のがん治療情報から日本のがん治療の現状と問題点、最新の漢方がん治療情報などが報告されています。今号では『「漢方にはエビデンスがない」を覆した漢方』について検証されています。

『TVホスピタル』(株式会社さいど舎)

『TVホスピタル』は、各病院に配置されて、入院や外来の人たちが、病気や健康などの情報を伝えている情報を伝える雑誌です。今号では、がん治療の副作用を取り上げ、「いま、あなたはがん治療による副作用のこんな症状で苦しみ悩んでいませんか」と問い掛けています。そして、「あなたの悩みを解決できる、副作用を緩和する漢方に注目!」として抗がん漢方について紹介されています。

『統合医療でがんに克つ』(株式会社クリピュア)

がん情報月刊誌『統合医療でがんに克つ』の特集記事「漢方薬によるがん治療」の中の「がん治療と漢方について」をテーマに、帯津三敬病院名誉院長の帯津良一先生が、「がん治療は総力戦」という考え方から、漢方もがん治療の重要なカードとなると提言されています。その記事の中で、「漢方にも抗がん作用があるものもある」として、抗がん漢方の天仙液についても語られています。

『統合医療でがんに克つ』(株式会社 クリピュア)

がん情報月刊誌で「がん難民」をつくらないために標準治療+をテーマとした『統合医療でがんに克つ』において、『がんを治す新漢方療法』の著者・王振国医師の連載記事が掲載されています。今号では「進化を続ける抗がん漢方THL(天仙液)の検証と評価」として、THLの開発経緯が紹介されています。

『健康』(株式会社 主婦の友社)

「生薬の複合作用でがんを縮小し、辛い副作用を軽減!がん治療と併用できる漢方薬」として掲載されました。

『健康365』(株式会社エイチアンドアイ)

『がん治療に西洋医学と漢方の融合を』というタイトルで、国立台湾大学付属医学院での臨床試験が掲載されました。

『元気読本』 (オアシス株式会社)

『がん治療に西洋医学と漢方の融合を』というタイトルで、国立台湾大学付属医学院での臨床試験が掲載されました。

『サンデー毎日』(株式会社 毎日新聞社)

「サンデー毎日」に、国立台湾大学付属医学院での『漢方による初のがん臨床試験』の報告記事が掲載されました。

『せせんた』(産経新聞メディックス)

がん治療で、標準治療と呼ばれる、抗がん剤治療、外科治療、放射線治療以外の治療方法を取り入れた医療が広がりつつあります。去る9月4日、標準治療に加えて漢方療法や代替療法などを取り入れた「統合医療」を実践している医師によるフォーラム『がん統合医療の実際と新たなる展開』が東京国際フォーラムで開かれ、そのレポートが掲載されました。

『統合医療でがんに克つ』(株式会社クリピュア)

東京国際フォーラムにおいて『がん統合医療の実際と新たなる展開』と題された講演会がLLP 漢方研究有識者会主催で開催され、3人の医師による講演、セミナーが行われました。その講演会の内容、講演終了後の記者会見の模様等が詳しく掲載されています。

『GAZEN』(産経新聞社)

新しいがん治療として注目を集めるホリスティック医療に、また新たな方向性が開きつつあります。『2008アジア「天仙液」に関する国際研究討論会』が開催され、台湾をはじめ、日本、香港、フィリピン、タイ、マレーシアの医師・専門家よる天仙液に関する緊急報告会が行われ、日本から出席した帯津良一先生の公演も注目された講演会のレポートが掲載されています。

『文藝春秋』SPECIAL (文藝春秋社)

「特集 アンチエイジング最前線」の「大特集 私のアンチエイジング」の中で、作家の邱永漢氏が、ご自分のアンチエイジング法を公開しています。この記事で1年の半分を北京、上海、香港で暮らしている生活の中で、「一番私の関心をひいたのは漢方です」として、「がんを手術しないで飲み薬で治す療法がある」と、抗がん漢方薬の「天仙液」について書かれています。

『GAZEN』(産経新聞社)

新しいがん治療として注目を集めるホリスティック医療に、また新たな方向性が開きつつあります。8月、台湾で『2008アジア「天仙液」に関する国際研究討論会』が開催され、台湾をはじめ、日本、香港、フィリピン、タイ、マレーシアの医師・専門家よる天仙液に関する緊急報告会が行われ、日本から出席した帯津良一先生の公演も注目された講演会のレポートが掲載されています。

『婦人公論』(中央公論新社)

今年は、夫・逸見政孝さんががんで亡くなられて15年目。自らも子宮がんを経験したエッセイストの逸見晴恵さんは、再発の心配もあり、様々ながん治療に関心を示しています。来日中の抗がん漢方薬の天仙液治療でがん治療・患者サポートに取り組む王振国医師と、がん克服について語り合った記事です。

『ライフライン21 がんの先進医療』(蕗書房)

「がん患者と家族に希望の光を与える情報誌」として、がん治療の様々な分野での最新情報を発信する医療情報として知られています。医療現場で使われている補完的代替療法/漢方療法で「王振国医師が提唱する新しいがん治療と世界各国で評価されている抗がん漢方薬『THL-P(天仙液の英文表記)』の検証」として、医療ジャーナリストの記事として掲載されています。

『統合医療でがんに克つ』(株式会社 クリピュア)

がん情報月刊誌『統合医療でがんに克つ』の特集記事「がん治療と漢方」の中で、日本の漢方がん治療の第一人者である帯津良一先生(帯津三敬病院名誉院長)が、『ホリスティック医学──その対がん戦略の一環としての漢方薬』をテーマに、がん治療において漢方薬を処方し、治療した 症例をはじめ、漢方薬が身体全体を診るホリスティック医療にとって重要な役割をしていることが立証されている。その中で、抗がん漢方薬の天仙液に関して、研究開発者である王振国医師との出会いや天仙液の効用について触れている。