• TOP
  • 03 抗がん漢方によるがん細胞の抑制
03 抗がん漢方によるがん細胞の抑制

がん細胞障害作用

天仙液の生薬成分である天南星(てんなんしょう)、莪朮 (がじゅつ)などが、がん細胞の成長していく過程で障害を与え、増殖できなくする作用です。正常細胞はDNA合成、RNA合成やタンパク質合成が順番に行われることが基本ですが、その合成過程でがん細胞を分裂増殖できないように殺傷したり、アポトーシス(がん細胞の自滅死)に誘い込みます。

資料請求

監修:孫 苓献
広州中医薬大学中医学(漢方医学)博士・アメリカ自然医学会(ANMA)自然医学医師・台湾大学萬華医院統合医療センター顧問医師