cancer がんについて

  • TOP
  • がんについて

「がん」のための治療法は様々です。
まずはそれぞれの種類を詳しく知ることが、治療への第一歩となります。

WORRIES がん治療の「よくあるお悩み

  • 末期がんではあるが、できる限りの治療法を探したい。あるいは探してあげたい。
  • 医師から手術はできないと言われている。
    あるいは今後予定している手術はハイリスクと聞いている。
  • 末期がんで医師から余命宣告を受けた。
    緩和治療以外になにか有効な治療法はないか?
  • 病院で受ける治療以外に、併用できる体にやさしい治療法はないか?
  • 高齢なので、薬の副作用や体に負担がかかる治療はしたくない。
  • 様々な代替治療法があるようだが何が良いのか悪いのか判断できない…
    信頼できる治療法はないか?

そもそも、一般的に言われる
「がんの治療」の正しい情報を知っていますでしょうか?
それぞれのメリットデメリット
また一般的な治療が困難なケースをご紹介いたします。

senior 高齢者における標準治療

高齢者の標準治療は、若年のがん患者と比較すると体力が低下しているため、手術を受けること自体が難しいと判断される場合もあります。また、手術が可能な状態であったとしても術後の合併症リスクが高く、手術をすることで逆に余命が短くなってしまうことさえあるのです。

高齢者のがん治療について
詳しく見る

case 標準治療ができない
ケースについて

手術や抗がん剤治療、放射線治療といった
「標準治療」ができない場合を
ご説明いたします。

MESSAGE

現在受けているがん治療にある種の限界を感じているならば、「もう一つの選択肢」を早めに考える必要があります。
がんとあきらめずに闘うという(病院側の視点ではなく)患者様視点で考えた場合、がん治療をあきらめる必要は全くありませんが、早急に「次の一手」を考える必要があります。

「末期がんでも安定から好転、完治を目指す」がん治療法があります。

今までのがん治療(手術、抗がん剤、放射線治療)の問題点として挙げられる身体への負担、副作用、転移、再発、末期がん(ステージ4)などに対して、ヨーロッパやアメリカでは有効な治療法を研究開発してきました。

こうした治療法は、標準治療の問題点をクリアし標準治療を補完する意味から、代替療法と呼ばれています。
代替療法のなかでも、特にがん治療の選択肢として注目されているのが、自然生薬で作られている漢方によるがん治療(漢方療法)です。

世界でのがん治療は
「標準治療 + 代替療法」が主流です

末期から
安定、好転、寛解を目指す

がん治療は「選択できる」時代です。

Alternative 世界でのがん治療の主流と
なっている
“代替治療”とは

手術、抗がん剤、放射線治療という標準治療ではない治療方法が代替療法といわれています。天仙液などの漢方療法もそのひとつです。
代替療法はがん細胞の増殖を抑えたり、身体の免疫機能を向上させたりすることによって、がん進行を遅らせたり、患者の苦痛を軽減することを目的としています。代替療法は基本的に単独で行うものではなく、標準治療の補完的な治療法として用いるのが一般的です。

標準治療は副作用の発現や患者の負担が大きいことがネックとなるのですが、代替療法は副作用などの心配はほとんどありません。医師の判断のもと正しく実施すれば、がん治療において良い影響をもたらす可能性が高いと言えるでしょう。

主な代替療法について

がん治療において免疫力を高めるということは大変重要なことです。健康な人の身体は免疫細胞の働きによりウイルスに感染した細胞や病原体の増殖が抑えられています。ここでは主な代替療法についてご紹介いたします。

Therapy 末期(ステージ4)
がんにおける漢方療法とは

末期がん(ステージ4)の段階ではがんが全身に及んでおり、局所療法である西洋医学的治療の効果は少なくなります。東洋医学における漢方では、がんが生体にあっても、できるだけ健康なときと同じように生活でき、苦痛を軽減し、人間らしく生きるための手助けを担います。

漢方薬に用いられる生薬は、天然の物質を乾燥させたり、煎じたりして用いられるもので、多種多様な成分を少しずつ含んでおり、西洋医学とは成分、性質、作用が異なります。
局所的にがん細胞を殺傷するといった劇的な効果を発揮する生薬は今のところ発見されていません。

しかし、西洋医薬に比べて天然自然の生薬は、免疫力を高めて体全体からがんを改善していきます。がんによって衰えた気血を改善し、内臓の機能を良好に保ち、免疫力を賦活し、延命の効果も期待できます。

代替療法をさらに詳しく知る

代替療法の代表
「抗がん漢方の天仙液」

抗がん漢方の天仙液は、抗腫瘍作用や免疫力増強作用を持つ漢方薬です。
そして、手術前に体調を整える効果、手術後の体調を回復させる効果、手術後の抗がん剤、放射線治療の副作用の軽減のみならず、その効果を高めます。末期がんの方に関しては、体調改善と症状の軽減などの効果もあります。

その他にも自身の免疫力を高め、
がんを克服を目指すという
方法があります。

immunotherapy 免疫治療とは

3つの標準治療や代替療法に加え、近年新しいがん治療として注目されているのが「免疫療法」です。がんの免疫療法は、患者自身の細胞を活用して免疫力をアップするという治療で、他の治療に比べて副作用や合併症が少ないのが特徴です。

免疫治療は他の治療との併用が可能ですが、保険外診療(自由診療)となるため全額自己負担となるデメリットもあります。

免疫療法について詳しく知る

免疫力を高める方法

がん治療において免疫力を高めるということは大変重要なことです。健康な人の身体は免疫細胞の働きによりウイルスに感染した細胞や病原体の増殖が抑えられています。ここでは免疫力を高める方法についてご紹介いたします。

care がんに対する治療と並行して
行われる
緩和ケアとは

緩和ケアとは、がん患者とその家族の身体的、精神的な苦痛を取り除くためのケアです。一度がんという病気にかかった患者は、何度も心身にダメージを受けることになります。

がんの告知、手術や抗がん剤などによる苦痛を伴う治療、再発や転移の恐怖。また、それは患者だけのものではなく、家族にも大きな重荷となってのしかかるのです。緩和ケアはこれらを総合的にケアすることを目的としています。

緩和ケアについて詳しくみる

このようにがんの治療法は
多様化してきています。

がん治療は「選択できる」時代です。

まずは自身の症状を知り、
最も適しているものは何かを
自分で選択して
いくことが最新の治療方法です。

あなたの症状について
知見を深めましょう。
適した治療法が見えてきます。

knowledge がん種類別知識

がんの種類とそれぞれの
症状や特徴について解説していきます。

がん種類別一覧

症状を知ったうえで、自分に合った 「漢方でがんを治療する」
という選択を。

TENSENEKI 抗がん漢方の天仙液

抗がん漢方の天仙液は、抗腫瘍作用や免疫力増強作用を持つ漢方薬です。
そして、手術前に体調を整える効果、手術後の体調を回復させる効果、手術後の抗がん剤、放射線治療の副作用の軽減のみならず、その効果を高めます。末期がんの方に関しては、体調改善と症状の軽減などの効果もあります。

activity report 世界各国での活動報告

国際癌病康復協会(IRCA/本部・香港)は、全世界のがんと闘う人たちを支援する組織として天仙液開発者の王振国医師(振国腫瘍病院院長)が代表となり、1991年に設立されました。世界各国20カ国以上の支部では、講演会やセミナー、慈善活動など、様々な活動を通じて、がん患者の方、ご親族の方などにがんの正しい知識の普及活動を行い、がん撲滅を目指しています。